再発防止措置までしっかり

イタチ

次の対策が必須です

屋根や壁の中でごそごそと這いまわるような音がしたら、それはイタチが家屋に侵入している可能性が高いです。イタチなんているわけがないとお思いかもしれませんし、実際にその姿を見た事がない人がほとんどでしょうが、実際にはイタチは私たちの生活しているすぐ近くにいっぱい住んでいます。彼らにとっては、人間の住宅は外敵や風雨から身を守る丁度いい寝床であり、子どもを育てるのにも格好の場所なのです。イタチが家屋に侵入すると糞尿を排泄して悪臭がしたり、外で取ってきた獲物を持ち込んでそれが腐ったり、あるいはイタチが死んだりしたりして病原菌の巣になって危険です。家の中に何かいる事が分かったらイタチ駆除をしましょう。イタチ駆除は専門の業者がいます。その方法は、まず物音がした場所付近にワナを仕掛けます。このワナは通常は鉄製の筒状のオリでこの中にイタチが好きな食べ物を仕掛けて中におびき寄せます。イタチがオリに入ってエサを食べるとレバーが引かれて扉が閉まる仕組みです。業者にイタチ駆除のワナを仕掛けてもらったら、2日ごと程度で様子を見ましょう。イタチがかかったら業者に連絡して処理してもらいます。問題はその後です。ここまでは比較的簡単なのですが、再発を防止するには、侵入路を塞ぐ必要があります。業者を選ぶ時は、この侵入路の特定と封鎖までをセットでしてくれるところを選びましょう。そうしないとせっかくイタチ駆除をしたのに、数日するとまた物音がするということになってしまいます。

Copyright© 2018 害獣駆除業者no行なっているサービス【家の安心と安全を守る】 All Rights Reserved.